09/03/2017, 12noon~1pm
寺子屋「叡伝」プレゼンツ!ゆうちゃんの発酵ランチ + じゅんくんの抱き糀ワークショップ

ゆうちゃんの発酵ランチ

  • 日付: 9/3/2017 日曜日
  • 時間: 正午12時〜午後1時まで
  • 料金: $15(お持ち帰りボックスご希望の方はプラス$1)
  • 定員: 10名
  • お申し込み期限: 8/30/2017
  • お申し込み方法: 下記お問い合わせよりご連絡ください
  • 場所: 1284 27th Ave. 1st floor. San Francisco
甘酒や、麹、味噌を使い、野菜のうまみを引き出した発酵弁当をご用意します。抱き糀ワークショップの前に食べて身体も発酵しちゃいましょう!✳︎ゴミを増やさないため、ランチの持ち帰りの場合は、持ち帰り用タッパーをご用意ください。箱が必要な方は、ご予約の際にお伝えください。お弁当箱をご用意します。(プラス$1)

お弁当の内容:
揚げ物、野菜の甘酒マリネなど数種類のおかずとご飯。ミニデザート付き。すべて植物性の材料でお作りします。

牧内優(まきうちゆう)

2017年7月まで千葉県のブラウンズフィールドに所属し、カフェの調理、デザート作りを担当。季節の保存食を作りながら、自然に寄り添うサスティナブルな暮らしを実践。現在は、ブラウンズフィールドを卒業。

食べることは、人と自然とのコミュニケーション。感じることを大切に料理をしています。


じゅんくんの抱き糀ワークショップ

  • 日付: 9/3/2017 日曜日
  • 時間: 午後2時〜午後5時まで
  • 料金: $50
  • 定員: 10名
  • お申し込み期限: 8/30/2017
  • お持ち帰り: 当日はご自分でつくった麹 1kg をお持ち帰りいただきます
  • お申し込み方法: 下記お問い合わせよりご連絡ください
  • 場所: 1284 27th Ave. 1st floor. San Francisco
抱き糀ワークショップは自分で糀を作り、育てる方法を学びます。糀を抱いて自分の体温で温めることで糀に命を吹き込み育てます。

抱き糀ワークショップの特徴

発芽玄米を使った糀作り:
酵素ジュース同様、お米も傷がついたところから発酵が始まります。これは糀菌がお米の内部にある水 分やデンプンを求めて菌糸を伸ばすからです。なので硬いからを被った玄米より白米の方が発酵しやすい!という理屈です。しかし発芽玄米は玄米が発芽することによりからを破ってくれますそこから発酵するという逆転の発想的なところがあります。磨く手間も省けて栄養満点!
電気を使わない:
抱き糀という醸し方の特徴に非電化があります。玄米を磨かずに発芽させ、糀菌をふりかけて保温するわけですが、これをお腹にまくことで保温します。糀菌にとって最適な活動の温度帯が36度〜42度位なので、体温とピタリ! なので体に巻いてるだけで2日後には糀になるはず!
48時間の発酵と命の旅:
48時間の間お腹にお米が巻いてあって、かつ糀に進化していく! これって妊娠体験にも似ているような? 微生物という目に見えない生き物に命が宿り、活動を始めることで匂いや味温度など様々なサインをだします。最初は体温で温めていた糀が気づけば発熱し始めて逆にお腹を温めてくれたり。命の進化を感じ、出産疑似体験までできてしまう抱き糀の旅は命の進化のストーリーでもあるのだ。

星野潤(ほしのじゅん)

発酵エンターテイナー

Miso makes world peace! を合言葉に味噌作りをおこなう発酵男子。 保育園から老人ホーム、外国人や親子連れなどなど国境や年齢を超えて様々な人たちと味噌と発酵の世界を冒険する発酵エンターテイナー。

味噌に使用する原料は可能な限り米作り、糀作りからおこなっています。楽しくて不思議な発酵の世界を一緒に旅しましょう!

%d bloggers like this: