Word

A speaking of witch 魔女のおしゃべり

投稿日:03/30/2015 更新日:

All language has some words which is totally same or similar sound and couple of difference meaning, that’s makes us so confusing. Yes, it’s true, misunderstood is still keep going after becoming an adult. it’s good to use this sentence as talking about Mr. A then he suddenly shows up, “speaking of witch”, OMG it’s not “witch”, it was “which” as relative pronoun. Wait minute! Isn’t this meaning “A speaking of witch = who can listen to anything like a magic”? (Sweat)

いやいや、それが続くんですよ、大人になってからの勘違いって。Aさんのことを話していたらちょうどAさんが登場!「あら噂をすれば」って感じで使っていたこのフレーズ「スピーキング、オブ、ウィッチ」。そしたら、魔女の「ウィッチ: witch」じゃなくて関係代名詞の「ウィッチ: which」だって。え?「魔女のおしゃべり=噂をすれば」じゃなかったんだと。汗

おすすめリンクのご紹介

●ニューヨーク自由の女神になりたい女のリアルライフを暴露配信!!
[NYこりんごラジオ]と[NYこりんごブログ]!!
●世界で輝く人々をサポートする智慧を紹介!!
[ニューヨーク発ライフアップカウンセラーKiyomiブログ]!!
●僕サティのラジオ番組「きらきらサティ!!」毎週金曜日ニューヨーク時間8:20pm、さくらラジオで大人気放送中〜!!



-Word

Copyright© Sattee(サティ) , 2019 All Rights Reserved.